ニューウェア あるある

JUGEMテーマ:車/バイク

 

まずは整備。

と言っても最近はパーツも変えていないのでごくごくフツーの整備。

 

アクセル側のグリップエンドの接着剤が剥がれてきていたので再接着。

一部が回り出すとあっという間に全体が回るようになるので。

アクセルパイプのエンドに開いている孔はガムテープなどでふさぐのがよろしいかと。

こうするとグリップエンドが破れても土が入りにくくなります。ただしグリップは入れにくくなります。空気が抜けにくくなりますので。なので空気抜きながらグリップを入れる必要があります。

 

サグ測定。

だいぶ乗りやすくなってきたので。

乗車は良いものの空車がイマイチ・・・かも。

 

入手した中古の125のタンクのフィッティング確認。

年式が違うので。

若干形状が違う・・・。メーカーが意味もなく変える訳はないのでどこか当たるかも・・・。

と思ったものの。

無事装着。予備ができました。

 

で、モトビ。

どこかの山の中のような風景。

今回からニューウェア。

珍しく黄色。珍しいというよりも初かも。型遅れを買ったので色の選択肢はありませんでした。

ニューウェアを着ると転ぶ率高いんですけど・・・。

 

1本乗ってあまり上手く乗れず・・・。う〜ん、このバイクはやっぱり難しい・・・と思いながら昼飯を食べながら思い出す。

『あ、そういえばスプリングチョイ締めたな』と。

チョイ緩めて午後の走行枠。『お、乗りやすくなった♫』

このバイクはどうにもセットがシビアというか敏感なようです。少しの変更で凄く感じが変わる・・・ような。気にしすぎかもですけど。特に固い方向にすると乗りにくくなる・・・ような。

 

水温が・・・。

走り終わった直後で90℃ぐらい。エンジン止めると上がっていきます。

この時期でこの水温はチョット・・・です。暑くなる前に対策したほうが良いですね。


ニューウェアで転ばずに終われる♫と思ったものの最後の走行枠でフロントからスリップダウン。

うむむ・・・やはりニューウェアは転ぶんですね・・・。

 

ブリッツシュネルにサスのメンテに出すのでコースでバラス。

移動用のフォークのほうが豪華な表面処理。

インナーDLCにアクスルクランプはブラック。う〜ん、この仕様はカッコ良し♫やるとお高いですけど。

新車からの初サスメンテですが仕様変更も依頼。ノーマルでもほぼ問題ないのですがもうちょっと良くなれば良いかなと。

 


オフビからのモトビ

JUGEMテーマ:車/バイク

 

オフビへ。

しかしながら風が強め。う〜ん・・・と思いながらも走行開始。コースINしようとしたら台数多め。

そして寒い。10分ぐらい走って指先の感覚が無くなる。

休憩していても寒くて体がどんどん冷えていく。

なので車の中に避難。う〜ん・・・これは走るべきなのか??と友人と話す。

そして思いつく。

『そうだ!モトビへ行こう!!』

日曜日のモトビは混雑気味なので敬遠していたのですがオフビの台数を考えるともしかしたら走りやすいかも!!

ということで昼休みに移動。時間にして30分ほど。なかなか良い立地条件。

で、到着。

予想通りに台数少な目。むしろ予想よりも少ない。

オフビで風ビュービューでもモトビだとそれ程でもないんです。風を遮るものが周りに多いんですね。

走り出すとベスコン♫これは良い♫

いつも整備ありがとうございます♪オフビもこれぐらい整備すれば走りにくる人も増えると思うんですけどねぇ・・・。

楽しく走れて体も温まる♫寒いは寒いですけど。

思うに今年初めて良いコンディションでモトクロスしたような気がします。結構回数は走ってるんですけどね。

皆で楽しく走って終了♪

あ、ちなみにサイズ変更したリヤタイヤは良く分かりませんでした。悪くはなさそうなのでそのまま使用。

コースで洗車して更に帰って水道で洗車。

こうすると綺麗になる気がします。寒くて手の感覚が無くなりますけど。

この水温。

まぁ寒いですね。

 

クロスモニター付けました。

良い商品だと思うのですが廃盤・・・。バーパッドは買えたのでファットバー用を購入して装着。

これが無いとどれぐらい時間を走ったか分からないんです。

ちなみにMFJのレースだと使えません。レギュレーションでバーパッドに物を埋め込んではダメなので。

これで怪我をすることもあまりないと思うんですけどねぇ・・・。むしろモニターのほうが砕け散ります。

まぁこういった物を埋め込むことでバーパッドの本来の役目は多少なりとも弱くはなりますけど。

 


色々整備

JUGEMテーマ:車/バイク

 

まずはO/Hから戻ってきたハイエースのダンパー交換。もう少し時間がかかるかと思ってましたが1週間チョイで戻ってきました。

ついこの間ホイールを外したのにまた外して交換。

二度手間・・。こんなに早く戻ってくるとは思ってなかったので。

改めて純正のダンパーと比べてみるとショックボディの長さが全く違う。

一応ショートストローク仕様なんですけどね。これでちゃんとストローク取れてるんでしょうか??

O/Hから戻ってきたらワッシャーが追加されてました。

 

これがノーマル状態。

実はこれだとダストブーツがズレるんです。ズレるというよりも外れてしまいます。

最初に交換するときにどうしてもズレてしまうので悩んだのですがこういう構造なので仕方ないよなーと思ってそのまま装着。まぁ当然ズレてた訳ですが。

で、流石のショップです。ワッシャーで押さえれば良いんですね。というか何故初めからこうなってないんでしょうか??不思議です。

で、交換して早速試乗。う〜ん・・・良くなったような。バンプストップの交換効果のほうが大きくてダンパーは良く分かりませんね。ノーマルよりはかなり良いのはわかりますけど。

 

250のスロボを清掃しようかと外装を外す。

まぁ当然ながら泥汚れが。こういった汚れが蓄積されていくんです。なのでたまに外装外して洗車しましょう♪きちんと養生しないとトラブルの原因になるので注意が必要ですけど。

 

INポートは綺麗。

すっかりオイルは流されているようです。

スロボも確認すると特にオイリーな感じは無し。アイドルノブを外してみても特に汚れ等はなさそう。

なので特に清掃せずに終了。良かったです。

 

リヤタイヤサイズアップ。

110サイズ。125から乗り換えて感じたのが同じタイヤなのに滑るということ。ちょっと容量が足りてないような。

車重も増えてパワーも上がっていると思われるので当然かなと。昔の2st250のサイズです。450は110から120になったのに250は2st125とサイズが変わって無いんですね。何故でしょう??

110になると外径も変わります。

カタログ値で10mm以上大きくなります。つまりリヤの車高が上がります。そこまで変化を感じられるかは分かりませんけど。

リムもサイズアップ。

450の新古品をGET。多分2017モデルのですね。

リムの薄さに驚く。

肉厚とかではなく板材並みに薄い。軽いかもですけど・・・。

シルバーリムはやっぱり地味。

歪んだら交換ですね。

走りやすくなるかどうか楽しみです♫新品タイヤなのでそっちの良さしか分からないような気はします。

 

リヤホイールを入手したので125を走れる状態にします。

フロントホイールも交換します。ついでにタイヤも新品装着。

これで前後シルバーリム。

タイヤを組んでいて気付く。

ビートストッパーが・・・。純正品ではないです・・・。やはりこういった部品もちゃんとした物を買おうと思いました。このまま使いましたけど。

バルブをリムの孔に通そうとしたら通しにくい・・・。

孔の大きさがバルブ径とピッタリ♫これはあまり良くありません。チューブがズレた時にバルブがもぐっていかないんです。最悪はバルブがちぎれます。ビートストッパーの孔と間違えたかと思いました。前にタイヤを組んだ時にも気付いていたハズなんですけど・・・すっかり忘れてますね。次にタイヤ交換するときに拡大します。覚えていたら。純正リムのハズなんですけど古いホイールなのでタカサゴ製なんです。

リヤのスペーサーが無かったので社外品を探し出してこれは250に装着。

このスペーサーは良いです♫ホイール交換するときに引っ掛けにくいし落ちにくいし。カバー付きなのでダストシールの保護にもなります。材質というか表面処理が弱いようですぐにシールの溝が付きますけど。

 

水温が冬らしくなりました。

明け方は0℃近くだったのではないかと思われます。

 

125が走れる状態になりました♪

フロントブレーキのローターが小さいですね。けどモトクロスならこれぐらいで良いような。

125に前後赤リムは微妙・・・。

グラフィックとのバランス??やはり黒リムが良いですね。

 

モトクロススタンドを新たに購入。

ドリームトキ製。

最近モトクロス界でまた名前を聞くようになりました。一時期は全く聞きませんでした。色々と理由はあるようですけど。

ドリームトキといえば2輪駆動車でありオリジナルのアルミフレームだったり。まだまだ鉄フレーム全盛期のころにオリジナルでアルミフレーム作って全日本にも参戦したり。他にも色々とオリジナルの製品を世に送り出してきました。

で、そんな人が作るモトクロススタンドです。こういったスタンドは大体が規制品サイズのパイプを組み合わせて作られているのですが・・・。

削りです。既製品サイズの物はほぼ使ってません。

こういった物を裏から見ることはあまりありませんがほとんどの部品は削りです。

う〜ん・・・ここまでやるか〜ってな感じです。

池田さん曰く『20年は使えると思うよ』とのこと。そういったスタンスでモノづくりをする人なんですよね。使い捨ての物が多い世の中ですけどこういった人がいるのは嬉しいですね!

お気に入りの物になりますね♪


モトクロス連ちゃん

JUGEMテーマ:車/バイク

 

昨日はモトビ。

数日前に結構な降水があったのでどうかと思いましたが・・・難しいのはストレート。

ウッドチップが入っていたのでワダチ多数ギャップ多数でした。

昼休みにはみんなでスコップでコース整備。だいぶ良くなりました。

バイクにも慣れてきたようで楽しく走れるようになってきました。モトビだからかもですけど。

そんな感じで楽しく走っていたらバンクで転倒。バンクで転倒したのでバイクはほぼ逆さま状態。更にアクセルが地面に引っかかって開いた状態に。

ヤバい!!と思ってすぐにキルスイッチを押す。4stは逆さま状態でエンジンの回転を上げると非常にまずいんです。そんな状態には滅多になりませんけど。クランクにオイルが行かなくなって最悪は焼付きます。

で、CRFはクローズドブリーザーなのでヘッドにオイルが溜まってしまうとエアクリーナーボックスにオイルが入ってしまいます。見事になりました・・・。エンジンをかけると物凄い白煙が。モトクロスだとクローズドブリーザーは考え物ですね。

そのまま走るのはマズいという事で走行終了。幸いに最後の走行枠だったので良かったです。1本目の走行枠でなっていたら涙目です。

エアクリーナーボックスからはオイルが・・・。

 

で、帰って確認。

思った通りに溜まってます。

これがそのまま燃焼室に入っていたら結構危険でしたね。

エアクリーナーもオイルまみれ。

仕方ないのでボックスを洗浄。

本当ならばスロットルボディも洗浄ですが次の日も乗りたかったので拭き取りのみ。

 

オイルも交換。

ついでにドレンボルト交換。

CRF250のノーマルはワイヤリングしにくいんです。で、これだと孔も開いてて便利です。

MotoShop Toysで売ってます♪

 

次の日はオフビ。

こちらのコンディションはかなり微妙。決して良いとは思えません・・・。

空いているようですがそこそこの台数。朝からフリーマーケットがあったので駐車場が制限されていたんです。コースに着いた頃には制限は無くなっていましたけど。なので周りにトランポは少なめでした。

コースは予想通りに荒れ荒れ。雨の影響なので仕方ないところ。

昼には散水。場所によってはかなりの埃だったので。

そしてプチマディ。

もう少し均一に散水できないものなのか・・・ってまぁ難しいですよね。

コースで洗車して更に家でも洗車。

洗剤を使うとやっぱり綺麗になる♫。

 

エアクリーナー外して確認。

問題無し。一応スロボを外して確認予定。

 

シートの裏もエアクリーナーボックスの一部です。

キレイにしましょう♪

 

小椋藍選手がトーチュウに載ってました。

写真はFBから拝借です・・・。

3位以内。つまり1位2位3位のどれかって事ですね♪頑張ってもらいたいです。


気になったら確認

JUGEMテーマ:車/バイク

 

ヘッドカバーを再び開ける。

流石にコツをつかんだらしくそれ程知恵を使わずに外れるようになりました♪

仕事中にふと

カムスプロケ締めたっけかな??

と思って確認。整備をしているとよくある事。

1本は締めた記憶アリ。何故かって締めた確認でトルクレンチ当てたから。もう1本があまり記憶に残ってない。

結果、締まってました。

一度はちゃんと組んだんです。

で、ふとスプロケって逆に組めるんだろうか??と思って逆に組んだんです。

結果、組めませんでした。ボルト孔がズレます。

で、またまた逆にして正常位置で組んだのですが記憶があやふや。

こういう時は確認したほうが無難です。大体はちゃんと組んでるんですけどね。

締め忘れた時は締めていない記憶がちゃんと記憶に残ってます。

 

久々に125。

随分乗ってません。

一か月半ぐらいですね。

 

エアクリーナーボックスのコネクティングチューブが切れました。

リヤサスのオイル交換をしたときにハマりにくいなーと思ってたら切れてました。

交換しなくてもなんとかなりそうでしたが交換したいもう一つの訳が。

良く分かりませんがひび割れてるんです。多分硬化し始めてるんだと思います。

予備は持っていたのですが一応在庫確認。メーカー在庫2個。お、これは確保しておかなくては!ということで発注。

ついでにボックスとコネクティングチューブの間のパッキンも注文。これもメーカー在庫は残り少なかったです。

そろそろ色々と厳しくなってきました。さすがの15年落ち。

新品はゴムの弾力が全く違います・・・。

もう少し250が乗りこなせるようになったら復活予定。

 

ハイエースのバンプストップ交換。

ジャッキアップせずに頑張ってそのまま交換しようかと思いましたが無駄な頑張りをしても仕方ないので無難にジャッキアップ。

しかしながら25年物のジャッキの調子がイマイチ。新しい物はあるのですが貧乏性なので使える限りは使いたいので何とかジャッキアップして交換。

暗くて良く分かりませんが評判の良い青の製品。今までの物よりも薄くてストロークが確保できそうです。その代わりにフェンダーへの接触には気を付けないとですけど。

車やバイク乗りにありがちな交換したらとりあえず走ってみたい♫という事で近所を1周。

高級車のような乗り心地・・・にシャコタンハイエースがなる訳はなく多少良くなったかな??ぐらい。

後はダンパーがO/Hから戻ってきてどうなるかです。

今までのもの。

1つは原型が無いぐらい砕け散ってます。多分厚いものだったのでバンプタッチが多かったんだと思います。だから砕けたんですね。もう少し早く交換すればよかったです。

 

この時期になると購入するライディングスポーツ。

RC213V特集。こういうの好きなんです♫あまりじっくり見る機会のない最新のレーシングマシンですからね。

パラパラ見ていると発見。

昨シーズンからMOTO3クラスにフル参戦している小椋藍選手。ちなみにオフシーズンで日本にいる時はオフビなどに出没します。

今シーズンもきっと活躍してくれるハズ。他にも若い日本人ライダーが参戦します。みんなで応援しましょう♪

 

 


近くのコースはイベントな日

JUGEMテーマ:車/バイク

 

オフビはWEX。モトビはWER。桶スポは午前は走れますが午後はピン耐。

という訳で250のヘッドを外します。

特にトラブル等ではありません。

初めてのエンジンなので時間に余裕があるときにやっておきたいんです。あとは走行時間が増えないうちにです。

走行時間が増えて行くと車体の汚れも蓄積されていきます。毎回洗車はしていても細かいところまでは洗い切れませんので。

出来れば走らないうちにエンジンまで全バラが理想です。で、必要なところにオイル塗ったりグリス入れたりバリ取ったりして組むと1年後にバラしたときに違いが出てきます。そこまでやる人もいないとは思いますけど。

で、サクサクと外装外してヘッド外す前までバラす。

ここまでバラさないとヘッドを外せない4st。2stならばタンクとチャンバー外せばシリンダーまで外せるんですけどね。

 

吸気通路。

流石のホンダらしく綺麗です。他のメーカーは見たこと無いので分かりませんけど。

 

ヘッドカバーを外してクリアランス測定・・・しようと思ってマニュアルで数値を確認するとIN側が0.092mm。

随分と狭いです。バルブエンドではなくロッカーアームとカムローブの隙間だからですかね??

というかこんな薄いシックネスゲージ持ってません。仕方ないので0.09mm入れて入る、0.1mmは入らないのでまぁよいかなという判断。シックネスゲージを買わなくては。

EX側は0.19mm。これは測定できて規定値内。

 

サクサクと・・・とはいかずにマニュアルを見ながらカムホルダーまで外す。

初めてのエンジンは色々と確認しながらの作業です。

カム周りは綺麗。6時間いかないぐらいの走行時間ならばこんなもんでしょうか。

 

カムを外して確認。

キレイです。特に問題は無さそうな。

 

ヘッド側のジャーナルも綺麗。

にしてもジャーナルが狭いです・・・。これで大丈夫なんでしょうか??かなり面圧が高くなってそうな・・・。

 

ヘッドを外す。

こちらも特に問題無し。妙なあたりもない感じです。

 

シリンダー側も問題無し。

シリンダーは外さず。今思えば外してもよかったですね・・・。

 

特に問題も無かったので組立。

ここでも色々と確認しながらです。必要な工具とか手順とか。

何だかんだで半日作業で完成。

4stは大変ですね。

 

 

 


ハイエースイジリからの切粉まみれな日々

JUGEMテーマ:車/バイク

 

久々のハイエース。

ダンパーO/Hのためにダンパー取り外し。

200系のハイエースは横風に弱いんです。ダンパーを変えれば多少は良くなるという話。長く乗る予定なのでO/H可能なオーリンズを入れてます。

リヤはボディ下にもぐれればジャッキアップ無しでイケます♪ハイエースはリヤは板バネなのでダンパー単体なので。

フロントはホイールを外さないとなので少々面倒。しかしながらトーションバーなのでこらもコイルオーバーに比べれば楽です。

ついでに前後タイヤの入れ替え。やはりフロントは偏摩耗しやすいです。ノーマルで乗れば良いんでしょうけど。

さらについでに色々チェック。

バンプストップが砕けかけてます。

うむむ・・・。

 

こちらは砕け散っている・・・。

社外品なのでしかたないところ。もう少し薄いタイプにしたほうが良いような。

 

O/Hが終わってどう変わるかが楽しみです♫

 

250のエンジンハンガー仕上げ加工。

ドリルと金ノコでの切りっぱなし穴あけっぱなしだったので切り口がギタギタだったんです。

それをヤスリとリューターで手加工で綺麗にしていく。

で完成。

まぁまぁな仕上がり。

反対側も。

この仕様が良いのかは全く分かりませんけど。

 

水温計のステー作成。

だいぶ冬らしい水温になってきました。

 

ドリルセットを数年ぶりに新調。

使用頻度の高い径の物から切れが悪くなってきてチョコチョコと買い直してきたのですがどうせならセットで替えてしまおうかなと。単品で買うよりも安かったりしますので。

 

でサクサクと切って穴開けてタップ立てて完成。

う〜ん・・・素っ気ない三角形。付けてしまうと見えなくなるので良いんですけど・・・。軽量化で孔でも開けようかな。元々が軽い素材なので孔を開けても大して軽くなりませんけど。材料はジュラルミン。これだとタップ立てて普通に使えます。ホームセンターのアルミだとあっというまにネジ山無くなりますけど。

ステーを変えたものの見た目は全く変わらず・・・。自己満足の世界。更にはメーター取付ボルトが1本見当たらなくて違うボルトで代用。きっとどこかにあるハズなんですけど。

 

モタード用セットのリザーバータンクステー作成。

その前にマスターのクランプ加工。

この出っ張りを削ります。

 

こうなります。

ここにタンクステーを付けるのですがCRFだとアクセルワイヤーとクリアランスがギリギリなんです。

低頭ボルトとか皿加工すれば良いのですが低頭ボルトなどはほとんどが六角穴なんですよね。あまり好きではないんです。ナメやすいですし。出来れば普通のボルトで付けたいので。普通の6角頭のボルトなら横からアクセスできますので緩んだ時などに締めやすかったりします。六角穴だと上からしか締められませんので。ちなみにゲイルスピードのマスターはこのクランプだけ単品で買えるんです。なので削っても交換できます。

で、またまた切って穴開けてタップ立てて完成。

う〜ん・・・。ちょっとスリムにし過ぎたか??タンクの固定位置を少し変えたのでステーが少し長くなって少々不格好・・・。

ゲイルスピードのタンクはタンクの固定位置を変えられるので中々に便利です♫

マスターの部品も単体で色々と出るので助かります。レシオも0.25mm単位で可変できて使いやすいですよ♪

 

こういった作り物は楽しいですね♪失敗も多いんですけど。結構ライディングに考え方が似ていて色々と考えて試して失敗して使える物ができる。そして出来上がった物でも更に良くならないかを考える。ライディングも走り方、ラインを色々と試す。良いと思ったラインでも更に良い物はないかと考える。似ていますね。

このタンクステーも形状、タンク固定位置、ホース取り出し位置などを色々と試行錯誤してます。で、今回のように少し変えようとして不格好になる・・・。いつまでも勉強です♫

 

 


想定外のオフビ

JUGEMテーマ:車/バイク

 

先日の雨でコンディションが悪いと思って走るのは諦めていたのですが一応コンディションの情報を調べてみる。

すると悪くはないらしいとの事。これは微妙。雨が降った割には良いレベルなのかベスコンに近いのか・・・。

するとベスコンらしいとの情報。走っている人の情報ではないので微妙ですが路面は乾き始めているようで白いらしい。ちなみに濡れていると黒いってなる。

そんな訳でとりあえず午後から走れるようにコースに向かってみる。するとベスコンっぽい。乾いている。あれ??あまりに予想外。

確かに長い時間は降ってましたが降水量は少なかったです。こんな事なら午前からくればよかったなと。

チョイチョイセットを変えてだいぶ普通に走れるようになったような。

本日のテスト。

エンジンハンガー。

削り出し・・・ではなく純正加工。

走ってみて思う。良く分からん。

AMAではここに孔を開けてるんですよね。

 

ちなみにこのハンガーは18~19と20で違います。

しかしAMAのバイクは綺麗ですね〜。これを維持するのは大変なんでしょうね!

 

 

 


寒い土曜日

JUGEMテーマ:車/バイク

 

雪予報でしたが朝は降っていない!

という訳で走る準備でバイクを載せる。

準備万端♫

しかしながら今にも降ってきそうな雲行き。

ここで冷静になって考える。

『この後の天気は??』と。

雨雲レーダーを確認すると既に雨雲がかかっている。

『あれ??』と思って外を見ると白いものが・・・。雪ですね。

しばし様子を見るも降り続ける。う〜ん・・・明日も走るつもりなの今日のところは止めておこう!

ということでバイクを降ろしてやりたかった事を少々。

 

バーエンドキャップ取付。

これは付けておいたほうが良いです。転倒してグリップエンドが破れたときにハンドルの中に土が入るのを防げます。

ハンドルの中に土が入ってしまうとアクセルがじゃりじゃりします。何度掃除しても。

グリップを外さないとなので少々面倒ですけど。

 

アクスルスライダー作成。転倒しなければ必要ありませんけど。

リヤは前に使っていたアクスル貫通式のものをそのまま使用。

しかしながらナット側が少々飛び出し過ぎ。

う〜ん、イマイチ。

なのでアクスルブロック方式のほうが良いかもです。

 

フロントは手持ちの汎用カラーを組み合わせて作成。

一応は形になってますけどこちらもイマイチ。やはりカラーを作ってもらったほうがキレイにできます。

この辺りはバイク屋さんに依頼したほうが良いですね。

 

バッテリーのスペーサー作成。

ショーライバッテリーには充電するときに接続するコネクターの凹みがあります。

ここにカプラーがあって充電するときにハーネスを接続します。

しかしながらゴムバンドで固定するときにこの凹みがあるとイマイチなんです。

なので樹脂でスペーサーを作成。

MCナイロンです。非常に強度があって加工も容易です。

ゴムバンドも綺麗にかかります。

まぁ純正のバッテリーを使っていれば必要ありませんけど。

 

さて、明日も乗れるか微妙ですね。晴れたとしてもコンディションが微妙。

練習にはなるコンディションだと思いますけど・・・後片付けを考えると・・・。

 


整備他イロイロ

JUGEMテーマ:車/バイク

 

通勤フィットにエンジンスターター取付。

2回目の内装外しなので迷わずバキバキ外して。チョイ設定に迷いましたが無事取付完了。

真夏と真冬には必需品ともいえるアイテムです。

 

バイク整備。

たまにはバッテリー電圧測定。

問題無し。

いまは純正のバッテリーではなくショーライバッテリーを使っています。

今のところ始動性も問題無し。CCAの数値も高めのモデルなので多分大丈夫だと思われます。

CCAが低いとチョット不安です。キックも無いので・・・。

 

クラッチ点検。

プレートにジャダーの痕が・・・。

良いのか??やっぱりジャダーは外したい・・・。けど壊れるらしいので・・・。なんで壊れるんですかね??

そのまま組付け。

 

工具箱に転がっていたエンジンプラグを付けてみました。

偶然にも文字も水平近くになりました。

 

ヘッドカバーを外してみようかと思ったのですが・・・全く外れない。

アクセルワイヤーと点火コイルが邪魔。知恵の輪状態。知恵を絞れば外れるかと思ったのですがどうやっても無理そう。

そんなときはマニュアルを見る。やはりコイルは外すんですね。

コイルを外してチョイ知恵を使って何とか外れました。

クリアランスを見ようかと思ってエンジンプラグを外すとオイルが出てくる・・・。こういう設定なんでしょうか??それとも入れ過ぎ??仕方ないのでオイルを交換するときにクリアランスは見ることに。

 

スプロケ締付用にメガネレンチ加工。

薄く。

曲げる。

これだけですけど作業性は大幅向上♫

 

洗車機の台車をチョイ改良。

洗車しているとどんどん動いちゃうんです。この間は段差から落ちてひっくり返って白煙吐きましたから・・・。

これで多分大丈夫。

 

ガムテープバックグランドから白へ変更。

これで普通になりました♪

 

週末は雪予報ですけど・・・のれるんでしょうか???

 


calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM