桶スポ初乗り

JUGEMテーマ:車/バイク

 

昨日はモトクロス初乗り。

今日はモタード初乗り。

桶スポ。

ちらりと見たオフビは昨日と比べて空いていたようですが桶スポはそこそこの台数。

暖かめの気温で走りやすかったです。

そのおかげかトラブル。

スポーク折れ。

もう一本。

純正ハブ仕様の17インチなのでスポークが細めです。チョット気にはなっていたのですがダメでした。

緩んでいた訳ではなさそうです。

他のスポークも怪しいです。

曲がっていますね。最後の走行枠が残っていましたが断念。

対策を考えないとです。

 

明日はオフビです。ちょっと足が疲れていますが・・・。

 


この間の日曜日

JUGEMテーマ:車/バイク

 

SSKillers!最終戦でした。

いつもならばモタードSEクラスですが今回はCRF150RでモタードSP-Eクラスにエントリーです。

CRF150Rは乗ったことがありません。スペック的にはタイヤ&ホイールを17インチに変更。ファイナルを変更しただけです。ブレーキ、サスはノーマル。タイヤはバイアスです。

事前に練習したかったのですが天候等もあり前日に30分チョイ乗っただけです。しかもハーフウェットで新品タイヤという事でペースは全く上げられず。

レース当日は練習走行に加え走行会枠もあるので少しは慣れるだろうと思ってました。しかし朝からの濃霧でタイムスケジュール変更で走行会枠が中止。しかも練習走行兼タイムアタックという事でなかなか厳しい状況です。

DRYでの初走行という事でまずは様子見。コースIN直後の2コーナーでブレーキが全く効かないことが判明。事前に聞いてはいましたが想像以上でした。エンジンは意外と走ります。ファイナルはチョットロングかな?という感じ。スリッパークラッチに慣れ過ぎているためにコーナー入口ではリヤが激しくホッピング。結果8位。タイム的にはモタードSP-MIDです。

そして決勝。ちなみにCRF150Rでのスタートは1度もやってません。ブレーキの効かなさ対策で2本指で握ってみることにしました。普段の450では人差し指1本です。果たしていきなりで対応できるのか??タイヤウォーマーを持っていない選手に合わせてサイティングラップは2周。その間に慣れるしかありません。2本指で握るとソコソコ効きます。手リッパーも意識すれば何とかなります。

そしてスタート。まずまずでしたがレースとなるといつもの走りになってしまいます。ブレーキ2本指を忘れたり手リッパーを忘れたり。それでも数周走るとリズムを掴んできます。ならばと1コーナーを全開のまま入ってみましたが2コーナーで見事にオーバーラン。1台にパスされてしまいました。だんだんとリズムが良くなってきたものの7コーナーで縁石にフロントタイヤが乗ってしまい転倒。曲がり過ぎました。そんなこともあって結果は13台中12位。しかしながら楽しく走れました。


全日本スーパーモト選手権in茂原ツインサーキット 最終戦

JUGEMテーマ:車/バイク

 

結果

タイムアタック10位

ヒート1 最終ラップダート出口でエンスト

ヒート2 転倒周回遅れ

 

良いところなしでした。

前週から練習を始めたハングオンモドキで挑んだレースでしたが全く走りを安定させることが出来ませんでした。当たり前といえば当たり前ですが・・・。

おまけにヒート2の転倒で足首を痛めるおまけ付き。怪我無しで終わる最低限の目標も達成できず。

今回は色々と考えさせられるレースでした。

 

そして今度の日曜日はSSKillers!最終戦です。

今回はクラスを変えてCRF150RでモタードSP−Eにエントリーです。

ちなみにまだCRF150Rは乗ったことがありません。前日に初乗りです。モタードSP−MIDにしようかとも思いましたが流石に拒否されそうなので。

足首がどれぐらい回復するかも分かりませんがマシンもどれぐらい走るのか分かりません。

 


茂原ツインサーキットMOTOBREAK

JUGEMテーマ:車/バイク

 

行ってきました。朝は寒いぐらいでしたが日中は日差しがあれば暖かい感じでした。

MOTOBREAKは茂原ツインサーキットのバイク走行会です。ミニバイク、初級、中級、上級でクラス分けされてます。

ロードバイクが比較的多い走行会ですが今回は全日本スーパーモト選手権の前の週という事でモタード多数でした。

知り合いのほとんどが同じ走行枠だったので写真はほぼ無しです。

 

さて今週末はいよいよ全日本スーパーモト選手権最終戦です。是非茂原ツインサーキットへ観戦に!

 

 


モタフレンズ

JUGEMテーマ:車/バイク

 

今日は桶川スポーツランドでモタフレンズでした。

ラブモタの代替え開催という事で時間も無かったためにみんなで集まって楽しく走ろう♪という会でした。

天気も良く気温も高めで11月とは思えないぐらいでした。

何気に久々の桶スポ。しかもバイクの作動確認以外で走るのは今年初なんじゃないかと思います。

で、今日の練習はといえば足を出さない走り。ハングオン・・・まではいきませんが。

今までも試していない訳ではありませんがちょっと出来るようになろうかと。

昼には高山選手お手製だと思われるカレーうどんを頂きました。

これは美味しかったです。そしてTOYZレーシングでは焼肉。これも美味しくいただきました。

こういうのも良いですね〜。

 

明日は茂原ツインサーキットへ行きます。

 


全日本スーパーモト選手権in名阪スポーツランド レポ

JUGEMテーマ:車/バイク

 

10月16日に名阪スポーツランドで全日本スーパーモト選手権が開催されました。

前日は特別スポーツ走行。

*写真はS1OPENクラスの志村選手に頂きました。

1本目のみヘルメットカメラを付けてみました。

 

遅いのはご勘弁を。

前日走行は公式練習ではないのでカメラはOKです。公式練習などでは制限があったり許可が必要だったりします。

こんなコースを走ってます。連絡通路あり崖下りありでなかなか面白いコースです。作るのは大変だと思われます。主催者の方々、コーススタッフの方々に感謝です。

 

さて名阪スポーツランドのスーパーモト選手権といえばシリーズ中で最長ではないかと思われるダートです。しかもサンドコースです。タイヤの選択が色々です。去年はフロントレインタイヤ、リヤカット入りスリックの組み合わせでした。そしてヒートレースのターマックでフロントから転倒。過去にも他のコースでこの組み合わせで転倒しています。どうにもレインタイヤでターマックを走るのが苦手なようなんです。そこで今年は前後共にカット入りのスリックを選択しました。

で、レースですがスターティングマシンを使った横一線のスタートという事でタイムアタックが意味あるんだか無いんだかという感じです。しかしながらタイムが出ていればレースを有利に進められるのは確かです。結果12位。数字的にはう〜ん・・・という感じですがタイム差は少ないかなと。TOPのほうはぶっちぎりですが。

ヒート1はアウト側のグリッドを選択。整地はフラットに。スタート後はモトクロスコースの1コーナを上がっていきます。で、下ってフィニッシュジャンプ手前で通常nコースに入る変則的なコースになります。

ちょっとリヤが左右に振られて出遅れ。1コーナーは無事クリア。次のコーナーで少しもたつきます。ちょっとアウトから回り込みたかったのですがインを回ってしまいました。コーナーを回ってすぐに小さなジャンプの上りになるのですがインから回るとスピードが無いので上るのが少々難しくなるんです。TOPで入れば良いんでしょうけれども・・・。

自分のポジションは全く分かりません。前には数台が連なってます。

レース後半になり腕アガリ。このコースだと走行毎に腕がアガってしまいます。余計な力が入っているんだと思います。

前で転倒者が数名出ましたがパス出来るところまで差を詰められていないため順位はそのまま。結果は9位でした。

後半になってペースがかなり落ちてしまったのが良くなかったです。

 

ヒート2のスタートはIN側。今度はグリッドに溝を掘ってみました。クラッチミートは若干遅れましたがするすると進みます。しかしながら1コーナーで転倒。エンジンは止まりませんでしたが上り切る手前での転倒だったので再スタートが大変なんです。何せモトクロスタイヤではないので・・・。何とかスタートしますがほぼ最後尾。前には金児伸二選手です。金児選手といえばProクラスでは最年長?だったはずです。しかしながら上手さは抜群です。しかしながらターマックでペースが上げられない様子。(レース後に話をしたら手首の調子がイマイチだったとの事)

抜けそうですが抑えるところはきっちりと抑えてきます。そうこうしているうちに前走者に追いつきます。金児選手は上手くパスしていきます。こちらも遅れちゃいけないと思いちょっと無理にINに入って接触転倒。すみません・・・。

再スタートしたもののそのまま単独でフィニッシュ。10位でした。

 

今回はコースに合わせてサスを少々変更してきたのですが外してしまった感じです。グリッド選択も整地も上手く組み合わせができませんでした。しかしながらヒート1、2ともに良い経験ができたと思います。今年はProクラス1年目という事で毎戦勉強だと思っています。次のHSR戦は出られませんので残りは茂原の1戦です。良い経験をして来年に繋げていきたいですね。

 


全日本スーパーモト選手権in名阪スポーツランド

JUGEMテーマ:車/バイク

 

本日は前日フリー走行です。

レースの公式練習ではなく特別スポーツ走行という扱いなのでレースにエントリーしていなくても走れます。

そして今回は名阪スポーツランドという事で昨年はスターティングマシンを使った横一列スタート。今年も同様にスターティングマシンを使います。そしてコースは全日本スーパーモト選手権の中でも最長のダートの長さではないかと思われます。しかも名阪スポーツランドは全日本モトクロス選手権のシリーズの中でも屈指のサンドコースです。そこをスリック、もしくはレインタイヤで走ります。面白いぐらいに前に進みません。モトクロスタイヤでも走るのは難易度が高いと思われます。サンドコースになれているライダーはスイスイと走りますが・・・。

果たしてProクラスではどんな走りをするんでしょうか・・・。

毎回思いますが今まで走ったこと無いペースでダートを走ります。ダートを走る機会はレース以外になかなかありません。レースで走らなとこの経験は出来ません。初めは良くてもペースが続きません。腕がパンパンに上がります。中々に厳しいです。

 

明日はレース日です。まずは怪我なく!が目標です。

 


全日本スーパーモト選手権in桶川スポーツランド

JUGEMテーマ:車/バイク

 

結果

タイムアタック13位?だったかな?後ろから2番目。

ヒート1 13位

ヒート2 9位

 

タイムアタックはコースIN直後のみんなのスリップダウンに圧倒されました・・・。単純にスゲーなと。で、その後は様子を見るかと思ったら攻め続ける・・・。やはりProクラスは凄いんだと実感。あのコンディションで短時間にあそこまで自分の気持ちを持って行けませんでした。

ヒート1はオープニングラップの第2ダートで前走者の転倒に引っかかって自分も転倒。その後は追い上げようとしたもののミス連発で良いとこ無し。

ヒート2は転倒無しエンスト無し。しかしながら気持ちが続かず・・・。

 

今回はタイムアタックが悪すぎました。やはりタイムアタックで前に並ばないとダメですね。

 

そして全日本S1OPENクラスで川留選手が優勝!今までの苦労を見てきただけに圧倒的な速さでTOPに出た時は泣きそうでした。

他のクラスでも初優勝だったり逆転優勝だったり素晴らしいレース多数でした。やはりレースは良いなと思います。

 

次回は名阪スポーツランドです。

 


金曜日

JUGEMテーマ:車/バイク

 

パソコンが戻ってきました。なのでサクサク更新。

レース準備をして夕方に桶スポへ。

既にSMJのスタッフは到着して準備中でした。

青山選手もいました。何でも明日は走るそうです。

青山選手は世界チャンピオンを感じさせない気さくな方です。バイクが好きで走るのが好きで・・・という感じなんです。それでいてバイクに乗ったら素晴らしく速いんです。こういう人はなかなかいないと思います。

 

で、コース状況です。

 

 

 

 

多少湿ってはいるものの夜に雨が降らなければ明日はベスコンだと思われます。

楽しそうです♪

 

で、レース準備ですが今回は桶スポという事で全日本とは思えないぐらいの軽装備で行くつもりでした。で、荷物をできるだけ減らそうと思ったのですが・・・そんな事を頑張っても無意味だと気付いて結局いつもとあまり変わらない感じに。

タイヤは土曜日走る分があれば良いので少ないですが・・・。

いつもと違う事をすると忘れ物もしそうなので。危うくタイヤウォーマーを忘れるところでした・・・。

 

さて天気が持ってくれれば良いですね。

 

 


全日本スーパーモト選手権inSUGO レポ

JUGEMテーマ:車/バイク

 

土曜日のフリー走行のものは既にアップしてあるので日曜日の決勝日から。

天候は曇り。夜には雨が降ったようですがフルウェットまではなっていないようです。

タイヤはリヤにはスリックを装着済みなのでフロントもスリックに交換です。天気予報では昼間は雨が降らないようですがいつ雨が降ってきてもおかしくない空模様です。前日からの雨の影響でダートは使用不可。フルターマックでのレースとなります。

まずは練習走行。

タイムが全く上がりません。それ程路面コンディションは悪いとも思わなかったのですが・・・。かなり厳しいです。

撮影by倉田氏

自分もレースに出ていたのにありがとう!

 

フルターマックになったら厳しいな、とは思っていましたが予想以上です。

タイムアタック。

ここでもタイムはなかなか上がらず。試しに・・・と思い足出しを止めてリーンウィズで走ってみると一気にタイムアップ。ならばとろくに練習もしていないハングオン・・・のような乗り方にチャレンジ。しかし欲が出て色々考えながらだとやはりタイムは出ず。ハングオンは練習していないので当然といえば当然ですが・・・。結局リーンウィズで乗って出たタイムがベストで5番手。

 

そしてヒート1。

ハングオンをしようと思いバンクセンサーを装着。出来れば膝を擦りたいなと。

スタートはまずまず。しかし1コーナーを回ったところで城取選手と吉田選手が接触。こちらも接触を防ぐためにアクセルを戻したところ坂牧選手に先行されてしまいます。広島ラウンドもだったのですがスタート直後のツメが甘いですね。前には城取選手。タイヤの感触があまり良くありません。温めすぎか空気圧が低いような感触です。あまり無理が出来ない感じです。そのままの順位で周回を重ねます。そして城取選手が坂牧選手をパス。途中で新井選手が転倒。中盤になり後ろを確認。ゼッケン20が見えます。

『う〜ん・・・メンドくさいのが後ろにいる・・・』と思いながら先行する坂牧選手を追います。差は詰まるもののパスするまではなかなかいきません。チャンスはありそうでラインを変えたりもしましたがタイヤが少々厳しいです。坂牧選手もタイヤが滑っています。あまり大きくラインを外すとパスされてしまう可能性もあります。そしていつもの走り方とは違う走り方をしているので走りも安定しません。毎周回毎コーナーで走り方が違います。膝は序盤にカリカリと少し擦っただけ。あまり膝スリを意識してしまうと前に離されてしまいます。なので途中からはリーンウィズに変更。結局そのままの順位でフィニッシュ。4位でした。自己ベストではあるものの・・・2位までは視界に入っていただけに少々悔やまれます。

ヒート2。

ヒート1同様に可もなく不可もなくのスタート。今回は1コーナーでの接触等もなく順調・・・かと思いましたが吉田選手がアウトから切り込んできます。チョイアクセルを戻したところでまたも坂牧選手にパスされます。やはりツメが甘いです。

ヒート1では差をかなり詰めることが出来ましたがタイヤが摩耗してきているので中々差が詰められません。

そしてそのままフィニッシュ。6位でした。

 

両ヒート共に入賞という事で悪くはない結果ではありますが内容的にはあまり良くは無かったです。苦手なフルターマックという事を考えれば・・・とも思いますが・・・。

 

次回は地元の桶川スポーツランドです。タイトでコース幅も狭くなかなか厳しいと思われますが上位入賞を目指します。

 

今回のSUGO戦は昨年に続きフルターマックでのレースとなりましたが各クラスかなり白熱したレースが展開されました。見ていてもかなり面白かったです。

次戦の桶川スポーツランドも接戦が予想されます。是非現地で直接レースを体感してください。

 

 

 


calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM